サポート校(+通信制高校)の学費

サポート校は文字通り通信制高校に通学する生徒の自学自習をサポートする教育機関です。正式には通信制高校サポート校といいます。学校法人が運営しているサポート校もありますが、多くの場合、民間(株式会社など)が経営主体となっています。初年度にかかる学費は、登校日数や取得コース・設備環境など学校によって大きく異なります。

平均的なサポート校の初年度納入金は50〜100万円程度(入学金5〜20万円・授業料・施設費・行事費など35〜80万円)と、サポート校によってかなりの幅があります。おおむね私立全日制高校と同額くらいと思っていていいでしょう。またサポート校は同時に通信制高校にも入学する(ダブルスクールという)ことになるため、通信制高校の費用も別途必要です。通信制高校はいくらかかって、合計額はいくらになるのか。その点を明確に説明してくれるサポート校であれば安心です。よくわからない点は必ず確認することが大切です。
通信制高校の学費はサポート校が代理収受して通信制高校へ納金してくれるサポート校もありますが、基本的に通信制高校とサポート校の学費は別々に支払わなければなりません。そのため、通信制高校だけに在籍する生徒と比較すると、通信制高校とサポート校の両方に在籍する生徒の方が当然学費の負担は多くなります。

関連記事