通信制高校の新たなこれからの使命とは

言いかえれば、たとえ中学時代に不登校であっても、またいったん全日制高校に入学した後に何らかの理由で全日制の継続ができなくなったとしても、高卒資格の取得をあきらめることは全くありません。通信制高校が持つ自由な学習システムと柔軟な受け入れ態勢があるから可能なのです。また子どもたち自身が、全日制にこだわらなくなってきていることも通信制の人気アップに拍車をかけています。

しかし義務教育の小中学校と違って、高校進学には必ず越えなくてはならないハードルがあります。それが入試です。「第一希望の高校で大学進学に向けて勉強したい」、「大好きな野球・サッカーなどスポーツを楽しみたい」と、いくら本人が思っても、入学試験に合格しなければ実現はできません。悲しいかなまず第一に学力が問われるのが現実なのです。

中学時代に不登校などで長期欠席をした場合には、さらに条件は厳しくなります。入試にともなう面接では「長期欠席の理由」を必ず問われることになります。また希望通り合格できたとしても、3年間通学することに不安があるかも知れません。しかし、これはあくまでも全日制での話です。

関連記事