第一学院高等学校

わかりあえる「友達」と信頼できる「先生」がいる。 第一学院高等学校

mv_slider_item01
「1/1の教育」の教育理念と「生徒第一」の想いを込めて、2012年4月に新しく誕生した「第一学院高等学校」 (ウィザス高等学校・ウィザス ナビ高等学校から校名変更) は、夢を実現できる「チャレンジ・再チャレンジ支援」のための学校である。

本校では生徒一人ひとりに応じた自他肯定感を育む教育(「もっともっと自分も周りの人も好きになる」自分づくりの教育)、生徒自身が自分を意欲喚起できる独自の教育で、社会で活躍できる人づくりに全力で取り組んでいる。

生徒自信が自分を意欲喚起できる、第一学院高等学校独自の教育メソッド「EMS」(The Educational Method of Self-motivation)では、最近の脳研究の成果を活かした新しい教育手法で、マイナスの自己像を一旦白紙化(リセット)し、プラス面をさらに伸ばす指導を行っている。

また、「明るく楽しい校風で高校生活を過ごしたい」「自分の夢の実現と高校生活を両立させたい」との生徒の思いに応え、将来に活かせる楽しい授業と、共感しあえる友だち、そして一人ひとりと向き合ってサポートしてくれる先生がいる。そして、学ぶ楽しさを実感する「教科学習」、いつもと違う体験で新たな発見を促す「体験学習」で、一人ひとりの学びたい気持ちに応えている。

さらに本校には、キャリア実現を支援する専門機関、第一学院キャリアサポートセンターがある。在学中はもちろん、卒業後も安心のサポートが受けられる。また、高校卒業後の進路である「第一学院高等学校 専攻科」を設置。通信教育による自学自習が中心なので、自分のペースで社会で役立つスキル・資格取得を目指せる。

詳細はこちら