留年による転入(転校)

在籍している高校で出席日数不足や成績不振で単位が取得出来ない(出来そうにない)とき、その学校が学年制の場合は留年を余儀なくされます。
もちろん留年の原因である出席日数不足や成績不振がすぐに解消され、1年間やり直しして単位がキチンと取得出来れば留年も意味があることです。
しかし状況が変わらないまま、ただ漫然と在校を継続する事は必ずしも良いとは限りません。ましてや後輩の知り合いと同学年となり、ずっとこれから同級生となる事に抵抗がある人もおそらく大勢いることでしょう。

そんなとき、通信制高校(サポート校)への転入があなたを助けてくれるでしょう。もちろん転入の時期と条件にもよりますが、多くの通信制高校(サポート校)の場合、留年する事なく(もちろん単位制のため留年と言う概念はありません)、進級し卒業を目指すことができます。


関連記事